スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビュー半年を振り返る

ワタクシのデビュー日である、
2010年02月24日から、本日で丁度半年になります。

同日投稿した14話でボトムリーグ編も完結したことですし、
ここら辺で今まで投稿した動画を振り返ってみましょう。

記事の性質上、ネタバレを多少含みますので、
過去作を未見の方はご注意ください。

あと、すげぇ長いですw

・第1話
初投稿作。
構想3ヶ月、作成に半年ほどかけた、ぶっちぎりで最長の作成期間を誇りますw
まあ、作成期間には、動画の作り方の習得とか、
素材収集とかも含むんですが、それにしても試行錯誤の連続でしたねぇ。
今振り返ると、細かい演出とかで不満がありますが、
話の流れは今でも結構気に入っています。
「※イメージです」とかw
ただ、1話であまり突っ込んだ話ができなかったため、
3話までゲーム画面の登場が遅れたのは反省ですね。


・第2話
たった4日で投稿していますが、
これは当初「次の話ができるまで、動画を投稿しない」という方針で、
1話を投稿した時点で既に完成していたためです。
内容はほとんど1話の補足、あるいは3話への繋ぎで、
作者的にもあまり好きじゃありません。

ボツにしましたが、千早さんがアセンブリの基礎を説明、
アドバイザーがAI構築の基礎を説明するというのが当初のプロットで、
アセンブリまで説明を終えたベータ版も存在していたりします。
このベータ版では、サンプルとしてアドバイザーと千早さんの試合を行うという展開もありました。
しかし、どんなに切り詰めても前後編に、下手すると3部構成になる恐れがあり、
説明だけを長々としても面白くないので、最終的には現在の形に落ち着きました。
これ以降、ゲーム的な部分の説明はできるだけ省く方針になりました。


・第3話
早くも2話の項で書いた「次の話ができるまで、動画を投稿しない」という方針が崩れた回ですw
丁度この頃は引越しを控えており、あまり時間の余裕が無かったんですが。
実は、1話投稿時に明確なシナリオが決まっていたのはここまででした。
なので、練り込む期間が長く、最も良くまとまっていると自負しています。
ただ、やりたいことを詰め込みすぎたせいか、
今でも単品としては最長になっているのが少し反省点ですかね。
ともあれ、14話まで通して、作者的には一番のお気に入りです。

没プロットでは、3人揃って事務所に泊まることになり、
3人で近所の健康施設に赴き、風呂に入りながら春香さんと千早さんが友情を深める、
とかそんな感じだったんですが、諸事情でボツに(主因:素材)。
今考えると、こちらの流れも結構魅力的ですねぇ。
機会があれば3話アナザーなんかもやってみたいですが、
多分実現はしないと思いますw


・第4話
今ではお約束となっている、春香さんの体重ネタとお土産ネタの初登場回です。
あ、初公式戦でもありましたねw
3話で当初予定のシナリオは使ってしまっていたので、この回からは流れだけ決めて、
会話内容なんかはほとんどアドリブで作っています。
今ではその作り方に慣れてしまいましたけどね。
3人の掛け合いは、他の回と比べても割と良くできてると自負しています。


・第5話
真さん初登場回。
久々の紙芝居オンリーです。
フォーミュラフロントの世界観として、
こういう人たちが裏方にいるんじゃないか、
という想像を全開にして書きました。
いわば世界観見せの回ですが、こういう話も必要ですしね。
後半の話の流れがちょっと整合取れてないかな、と反省。
あと、オチが弱い。
なお、この回で一番苦労したのは背景の素材だったり。


・第6話
千早さん、初暴走。
この回は本当にネタが思いつかなくて、
藁にもすがる思いで作中スケジュール表を見直したところ、
丁度フロンティアGPの決勝リーグ第1戦の週だったことを思い出し、
「コレは使える!」と試合を差し込んでみました。
手持ちのセーブデータに19thシーズンフロンティアGPのデータがあったのも幸運でしたね。
気付きにくい部分ですが、後半の試合開始時のテロップが
「16th」になってるのはささやかなこだわりです(ゲーム中に16thシーズンは存在しません)。
後半パートは割と急ピッチで作ったんですが、
千早さんの意外な一面も好評だったようで、一安心です。
今後、千早さんはこの路線を引っ張ることになりますがw


・第7話
プチ外道AC、カプセラ初登場。
そろそろ新ACを用意しないとなぁとは思っていたんですが、この話も割と予定外でした。
次の公式戦の時に新ACの紹介を挟むということも考えましたが、
次の公式戦は伊織さん初登場回ということは決めていたので、
そちらにタスクを割くことにし、結局新ACで1話引っ張ることに。
この話のおかげで、春香さんはグレネード狂というキャラに変貌を遂げますw


・第8話
AC全く関係ない、紙芝居オンリー回です。
本編のナンバリングがされていますが、番外編に近いですね。
実はこの話自体、由都希さん登場フラグの一つだったりします。
まあ、それにかこつけて好き勝手やりたかったというのもありますがw

サイドAはアドバイザー不在ということもあり、落ち着いた作風になっています。
嫌いではないんですが、自分自身が何事もギャグに走るタイプの人間なので、
こういう雰囲気はちょっと苦手です。
こういうのが好みという方もいらっしゃるようで、
ありがたい限りですが。

対するサイドBは、ネタという点に関しては、今までで最高にお気に入りになっています。
いや、ホントね、前にも書きましたけど、書くのすげぇ楽しかったんですよw
こういうノベオンリー回は再生数も芳しくなく、
架空戦記として本作を見に来てくださってる方には不評なのかもしれませんが……。


・番外・菊地真のアリーナ準備編
後の外伝、im@sNBに繋がる番外編です。
由都希さん登場フラグその2だったりします。
時系列は少し飛んで、16話直後(の予定)です。
5話でアリーナに関する要望が多かったのと、
自分でもアリーナの話はやってみたかったので、
下準備として作ってみました。
まあ、この時はこんなに早く外伝としてシリーズ化するとは思ってませんでしたがw
この回で初めてゲーム画面に文字入れを行っていますが、
結構苦労したのを覚えています。


・第9話
みんなのアイドルデコリーナ伊織さん、初登場です。
あ、間違えた。デコリーナ伊織さんだ。
この回は他以上にアドリブ度合いが高く、
ほとんど即興で作っています。
伊織さんで場を繋ぐのに苦労した覚えが……。
伊織さんは我が侭な社長令嬢という立場ですが、
チーム外では貴重な「九条氏の味方」であり、
九条氏の残留、および昇格は彼女の力もかなり大きかったと思われます。
ちなみに伊織さん、しばらくは差し入れ要員なのですが、
もしかしたら後々、大役を任されることになるかもしれません。


・第10話
またまた紙芝居オンリー回です。
後半のシリアスな部分の試行錯誤具合が……。
結構悩んで作ってるんですが、表現しきれなかったなぁと
反省も非常に多いです。
ここで表現しきれなかった分は、12話にツケが返ってくるハメになりましたw

最大の反省点は終盤の誤字ですね。
普段は投稿後に誤字見つけてもスルーするんですが、
今回はさすがにスルーできるレベルではなく……。
動画説明文でフォローしておきましたけども。


・NB第1話
本当に、なんでこんなに早くシリーズ化したのか自分でも意味不明です。
まあ、ただ単に由都希さんを早く登場させたかっただけかもしれませんがw
説明に終始したため、あんまり話を練り込めなかったと反省。


・第11話
カプセラマジ外道な回。
本当に、この回ほど相手が可哀想になったことは未だありませんw
最後のインタビューは、ちょっと応答が普通すぎたかな。
正直、あんまり思い入れが無かったりしますw
あ、実は当初、ボトムリーグ4戦と最終戦の相手を逆に考えていて、
この回で千早さんが初陣を飾るはずでした。
戦闘BGMが「Blue On The Run」なのもその名残です。


・NB第2話
NB本格始動の回です。
それに伴い、由都希さんも始動を開始したようですw
トレーニングオンリーだったこともあり、
この時点では自分の下手っぷりはあまり露呈していませんw
シナリオパートは作るのが本当に楽でしたw


・第12話
初期からの構想にあった、千早さんと春香さんの対戦回です。
当初はもっと早い段階で戦ってもらう予定で、
千早さんの春香さんに対する黒い思いが噴出したりする予定でしたが、
ここまで話が進んだため、千早さんもすっかり丸くなってしまって……w
もうちょっと葛藤とか書くべきだったなぁ。
反省が非常に多い回です。


・第13話
ボトムリーグ最終戦です。
最後ってことで、総登場させてみました。
小鳥さんが今までに無いほど出張っています。
その割に、全員のキャラを生かしきれなかったなぁと、これまた反省。
特に律子さんは後方支援タイプなので、
あんまり画面で目立った動きをしないんですよね。
いつか律子さんがメインの話もやりたいんですが……。


・NB第3話
NBアリーナ初参戦です。
前回のトレーニングと比べて話を挟みやすく、
おかげで由都希さんもそこそこ暴れさせることができましたw
8話Bと同じくらい、シナリオを書いてて楽しかったですw
ただ、まあ、プレイ内容は…ね…orz


・第14話
ボトムリーグ編、完結です。
実際、ここで打ち切りになっても良いようには作ってありますw
まあ、14話に関しては、個別記事に譲ることにしましょう。


・各キャラのACについて
千早さんは遠距離、アドバイザー九条氏は近距離…というより、
ワタクシが以前使用していた機体の改修機というコンセプトは割と早く決まっていましたが、
春香さんのコンセプトは最後まで決まりませんでしたw
ぶっちゃけてしまうと、フローリアは3話終了時点で影も形もなく、
「マジでアセンどうしよう」と途方に暮れたものですw
正直、2機目もできるか不安だったんですが、
カプセラはフローリアと比べると随分スムーズに作れましたね。
やっぱりコンセプト大事。重要。

ちなみにim@sFFのACですが、各キャラ結構なストックがありまして、
本編未登場のACを含めると、既に20機ほどが作成済みです(バージョン違い除く)。
チームを組むことを想定しないで作ったのが多いので、細かい改修は必要なんですが、
登場済みの機体がたった7機なので、2/3が未登場なんですね。
我ながら勿体無い。

ちなみに、im@sNBを含めると、さらに5機増えます。
使用済み3機、未使用2機ですね。

idol in FFさんとか、東方自動人形さん(2作ありますけど)とか、
フォーミュラフロント幻想入りさんとかと対戦をやってみたいなぁと
ぼんやり考えてますが、まずはこいつらを作中に登場させないとw


・この先の展望をこっそり
ボトムリーグが終わったので、次は当然エキスパートリーグなのですが、
その前に、作中では2ヶ月のオフシーズンが待ち受けているので、
一つ変わったことをやる予定です。

その後のヒルサイドGPは…今までのペースで進めると、
終わるまでまた半年かかっちゃいますかねぇw

現在登場していない他のアイドルたちですが、
何人かは近いうちに登場します(多分4話以内?)。
その他のアイドルは、ネタは決まってますが、
話にどう絡めるかはまだ未定の部分が多く、
しばらくお待たせするかもしれません。
一応、最終的に全員が登場することになるはずですが、
全員レギュラーというのは難しいでしょうね。


・当ブログについて
ACのアセンブリ、ストーリーの補足、
製作の愚痴などを書き散らしている当ブログですが、
正直なところ、最近は必要性に疑問を感じるところもしばしばで……。
アクセスカウンターが無いので、どれだけの方が来て下さっているか、
全然把握できないんですよねw
とりあえず、動画投稿する間は続けるつもりですので、
お付き合いのほど、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

来てるよ!話が投稿されてるたびに見に来てるよ!

No title

裏話とかあって面白いのでブログの方の更新も楽しみにしています!

No title

>名無し様方
一括りで失礼します。
コメントを強要したようで、大変申し訳ないです。
「ブログについて」の項はほとんど愚痴のようになってしまい、作者としても反省するところであります。
ブログの方も本編同様、楽しんで頂けるよう、できる限り努力しようと思います。
コメント、ありがとうございました。
プロフィール

石狩川P

Author:石狩川P

ニコニコ動画にてTHE iDOLM@STERと
ARMORED CORE FORMULA FRONTの
架空戦記「iDOLM@STER FORMULA FRONT」を進行中。
あと、Twitterもやってます : http://twitter.com/ishikari_P

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。