スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iDOLM@STER FORMULA FRONT 第15話

大変長らくお待たせいたしました(挨拶)。
第15話です。


・語られなかったエキスパートリーグの説明
動画説明文にも書きましたが、17話にて公開予定です。
まあ、小鳥さんだけ置いてけぼりにするのに丁度良い題材だったんで、
あえてメタに走ってみました。


・久々に説明ばっかり
今回は久しぶりに、最初から最後まで説明ばっかりです。
もうちょっと軽く説明できれば良いんですけど、
どうにも冗長になってしまうのはワタクシの悪い癖ですね。


・ファン感謝祭
言うまでもなく、完全オリジナルの設定です。

本作の世界観では、この時期はオフシーズンなので、
各チームでもファン向けのイベントを多く行っているようです。
その中でもFFAの主催する感謝祭は最大級の規模を誇る一大イベントで、
その規模の大きさから、知らないファンはいないとまで言われます。
こっちの世界で言うと、「野球ファンがオールスターを知らない」ようなものですかね。
そりゃあ、春香さんも白い目で見られるってものですw

しかし、参加自体は任意のため、あくまで知性や強さにこだわる、
一部のアーキテクトからは不評なようです。

割愛してしまいましたが、開催は全世界5会場が持ち回りで行い、
今回はヒルサイドエリアで開催されます。

なお、今回名前が出てきたFORMULA MAXIMUMは、PS2版にある特殊モードです。
一言で言ってしまうと、AC100体抜きですね。
こちらはファン感謝祭だけではなく、FFA主催の公式イベントでは、
割と頻繁に開催されているようです。


・新人戦
本作の構想初期段階から、961組を登場させるための場として用意していました。
ゲームでも、PS2版とPSP版それぞれのリーグで、
プレイヤーチームと同期のチームがいるため、
「こいつら戦わせてみれば面白いんじゃね?」的な考えでしたが。
お祭りなので、引き分けになっても良いようにはなってます。

動画中の説明だとわかりにくいと思うので、もう少し詳しく書くと、
1:パーツの重複しないACを2機用意する。
2:2機のACを、それぞれ相手リーグのチームのどちらと対戦させるのかを決める。
この際、それぞれ別の相手チームを選択しなくてはならない。
という感じです。
図に書くとこんな感じ↓
新人戦図解

わかりにくくてすみません。


・BTワイバーン
PSP版のライバルチームであるBTワイバーンは、
親会社や経歴のソースがほとんど無かったため、
今回語られた設定の大半はオリジナルです。
ただ、昇格初っ端から「チームの先行きが不安視されている」と語られている点と、
アセンブリがコロコロ変わる点はゲーム通りで、
「多くのアセンブリを試しているため、強さに安定感が無い」ような設定にしてみました。
アーキテクトのライナス君からのメールを見ると、研究熱心のようですしね。


・961プロダクション
「こっちが765なら向こうは961だろ」ということで、今回は名前だけ登場です。
あくまで親会社が「芸能プロダクションの」961プロというだけで、
厳密には別組織だったりします。
まあ、対抗心は変わらないでしょうけど。

今のところ公開は未定ですが、961プロ視点でのボトムリーグ番外編の構想があったりします。
PSPの画面で動画作成ってのも疲れそうですけど……w


・ソニックブラスト
大変申し訳ない。
相手チームのことばっかりで、彼らの説明入れるのすっかり忘れてましたw

まあ、彼らの解説は本戦で当たった時にとっておきます……orz

ソニックブラストはPS2版のライバルチームですが、
ライナスと比べるとライバルっぽさは薄く、
チーム自体もそんなに印象に残るものでは無いので、正直ちょっと影は薄いですw
一応、ゲーム中で強化はされるんですが、
フォーミュラフロントはエキスパートリーグを制覇した時と、
FFAランキング1位になった時にスタッフロールが流れるので、
無敗で突き進めば彼らが強化される前にゲームが一通り終わってしまい、
強化された彼らと戦ったことが無い方も相当数いらっしゃると思いますw


・各チームのアーキテクトについて
ゲームと同じく、ソニックブラストのアーキテクトはアグレスト、
BTワイバーンのアーキテクトはライナスです。
アイマスの誰かを置き換えるということも考えたんですが、
本作は基本的にACFFの世界観を壊さない方針なので、
立ち位置が明確なキャラは、そのままご本人に登場して頂いています。
オーナーだけは置き換わってますけど。
……そういえば4話以来登場して無いな、社長……。

961プロは、貴音さんか響さんのどちらがメインアーキテクトかといったら、
間違いなく貴音さんだろう、ということで、こういう配役になっています。
なお、響さんもサブアーキテクトとして登場します。


・各チームからのメール
昇格時にライバルチームからメールが届きますが、
作中では自己紹介と、新人戦への意気込みを両方語っていただきました。
しかし、話し言葉ならともかく、こういう文章は書きにくくて仕方ない!
ちなみに、一番書きにくかったのが貴音さんですw
いや、この人、未だにキャラが良くつかめなくて……。

ライナスは向上心溢れる好青年、
アグレストは少し態度を大きめ、
貴音さんは社交辞令的にしてみました。

実は、当初は社長からのメールもあったのは内緒w


第15話で使用したBGM(本編での使用順)
・THE IDOLM@STERより、「Morning」
・THE IDOLM@STERより、「Tender」
・THE IDOLM@STERより、「Energy」
・ARMORED CORE FORMULA FRONTより、「メインBGM(仮)」
 …本作の原作である、ACFFのメインBGMです。
  曲名はわからなかったので仮です。
  密かに、ACFFの曲は今回が初使用ですね。
  ACらしからぬポップな曲ですが、個人的には結構好きです。
  ずっと聞いていても疲れない点が特に良いですよねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石狩川P

Author:石狩川P

ニコニコ動画にてTHE iDOLM@STERと
ARMORED CORE FORMULA FRONTの
架空戦記「iDOLM@STER FORMULA FRONT」を進行中。
あと、Twitterもやってます : http://twitter.com/ishikari_P

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。