スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機体解説・ミスティックパープル

アドバイザーさんの機体、ミスティックパープルです。
18話で多数登場した新作ACの記事も、これでようやく終わりですねw

ミスティックパープル_001

攻撃力:C EN供給:D
防御力:C 冷却性能:A
機動力:B 対ECM:A

ASMコード:&FG2w2I2w01wE02Ea00M0Hg2C0aU67Mp8E0eG0F#
AIコード:&AIo40ww0yG2GGB8000001#
この機体は元々、ディスロード・βのバージョンアップ版として作成した機体です。
もっと言ってしまえば、ディスロード・βの機体解説で書いた「別の機体」がまさにこれです。
向こうの記事で「諸事情で使えなくなった」と書きましたが、
ぶっちゃけると「スカーレットブレイズ改修したら脚部が被った」だけなんですよねw
初登場の17話では、通常のディスロードとのタッグで登場です。

以前、「強い機体と同じコンセプトでチームを揃えれば楽なんでね?」という、
後ろ向きな思想でチームを作った際に、ベースとしたのがディスロード・βで、
この機体は確実性を比較的重視したバージョンとなっています。
ただ、当然のようにパーツがかなり重複したので、
ベースとした方がデチューンを加えられると言う、
なんか本末転倒な結果にw
このとき、ミスティックパープルとパーツが重複しないように、
ディスロード・βにデチューンを加えたのが、通常のディスロードです。

ちなみにもう1機、同コンセプトで作られた機体があるんですが、
おそらく本作に登場はしないと思います。弱かったしw

そんな経緯から、コンセプトから武装まで、ほぼディスロード・βを踏襲しています。

ディスロード・βと比較すると、耐久力や機動力はほぼ同等で、
冷却性能と旋回性能で勝り、
EN供給で劣る、というような感じです。
近距離機体なので旋回性能は重要ですが、肉薄するというほどではありませんし、
機体性能としてはほぼ互角です。

ただ、グレネードではなくバズーカになっていることで、
命中率はこちらに軍配が上がります。
まあ、向こうにはターンブースターがある分、
背後に回られた場合のフォローでは劣るんですが。

一長一短ではありますが、最終的にはそれほど差はなく、
実際、運用はほとんど変わりません。
ただ、これを出すとスカーレットブレイズが使えなくなるのが痛いですね。

余談ですが、機体イメージとしては、
ディスロードの重騎士、システィーナの姫騎士に対して、
前線で大暴れする女王様です。
頭部がQUEENですし、四脚なのも玉座みたいなのを意識してたりします。
だからってまあ、ちょっとアグレッシブすぎませんかね、女王様w
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石狩川P

Author:石狩川P

ニコニコ動画にてTHE iDOLM@STERと
ARMORED CORE FORMULA FRONTの
架空戦記「iDOLM@STER FORMULA FRONT」を進行中。
あと、Twitterもやってます : http://twitter.com/ishikari_P

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。