スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【NovelsM@ster】Pたちの新年会

今までで最高の誰得動画と自負しています(満足げに挨拶)。

ひそかにこれが純粋なノベマスとしてはデビュー作ですね。


・なぜ作ったし(笑)
公開前に監修をお願いした、同期のおしながPに言われた台詞ですw
あと、彼は冬Pに性欲を感じると(自粛。

作りたかったから、としか言い様がありませんでw
あとは、今後ノベマスを作るときのための布石でしょうか。
あ、前作のim@sFF 961編があまりにもギャグ分が欠如していたんで、
補給したかったっていうのもありますね。

需要があるかは別として、Pオンリーという切り口はそれなりに斬新なのではないかなぁと。
再生数とか気にせずに、ノリに任せて作ったんで、非常に楽しかったですw

なお、立ち絵の変化とか全く無いので、作るのはホント楽でした。
実作業時間も6時間程度なのでは。


・今回の登場Pたち
一人を除いて、今回のために急遽作り上げたキャラクターです。

普通に考えて、一人のプロデューサーが11人のアイドルを担当するのは難しいと思ったため、
自分がノベをやるなら765プロには複数のPがいるだろうなぁ、と妄想していました。

その中で、昨年10月の同期合作(企画中止)の冬チームでノベを担当した際に、
先行して作成したのが冬Pです。
他のPはいつかノベを作るときまで作んなくて良いや、と思ってたんですが、
新年早々ネタの神が降臨し、しかもPだけの動画という前代未聞のネタだったため、
3人分の設定と立ち絵を約2時間ででっち上げるハメになりました(誇張なし)w
ホント、ネタの神は気まぐれで困りますw

春夏秋冬の仮名がついているのは、同期合作のテーマが「四季」だったことを勝手に踏襲したからで、
作中的には、彼らの本名に春夏秋冬それぞれの字が入っているからですね。
まあ、冬Pだけは「冬」という文字ではなく、「ふゆ」という音が入ってるだけなんですが。

どうでも良いですが、彼らの配置レイヤーは入社順になっており、
新人の春Pが一番下、最古参の冬Pが一番上になっています。


・大雑把なキャラ紹介
春Pは、4月に入社したばかりの新人Pです。
担当アイドルは春香と伊織。
春香と伊織は元々冬Pが担当しており、現在も事務所の稼ぎ頭です。
新人Pが担当しても業績は残せるだろうと判断され、春Pに担当が移りました。
春香さんは誰とでも仲良く出来ますし、
伊織さんも面倒見が良く、春Pを一人前のPにするという使命に燃えており、
なんだかんだで結構バランスが取れているのではないかと。

冬Pは、事務所の最古参Pで、4人の中では唯一の女性です。
担当アイドルは雪歩と千早で、デビューが遅れていた千早さんと雪歩さんを組ませ、
早い段階で稼ぎ頭の春香・伊織に匹敵するアイドルに成長させています。
性格難な者同士、扱い方がわかっていたのかもしれませんw
あと、im@sNBを中心に暗躍中の「例のあの人」とは別人ですw
まあぶっちゃけ、首の上が同じ素z(ry。

夏Pは、冬Pに次ぐ事務所の古参で、体育会系の人です。
担当アイドルは真、亜美/真美、やよいで、
三人のテンションに真っ向からついていける稀有な人材です。
学生時代にスポーツをやっていたらしく、体育会系のノリなのはそのためです。
ちょっとおバカさんですが、それだけに色々な人から好かれるタイプです。

秋Pは、春Pが入るより少し前に他の事務所から移籍してきたPです。
担当アイドルは律子とあずさで、時々難しい単語が飛び交う会話を律子さんとしているとか。
ちなみに、彼は「秋」と呼ばれていますが、
「あき」ではなく「しゅう」と読むのが正しかったり。

全員の本名はちゃんと決めていますが、それはまた別の機会に。
……そもそも気になる人がいるかわかりませんがw


・今回も16:9
前回の記事で「当分やりませんw」とか言っておいて、舌の根も乾かぬうちにこれですよ……w
実際、4人の立ち絵を常時同時表示なので、4:3だと画面に入りきらないんですよね。
あと、素材を用意する手間が、4:3でも16:9でも変わらなかったというのも大きな理由です。

2回続いたからって、16:9での製作が今後のスタンダードになるわけじゃないです。
ええ、今度こそw


・伊達巻
栗入りは認められません。
この辺のエピソードは、去年の正月を帰省せずに過ごした時の実話です。
30日に買出しに出かけたおかげで、出遅れたのか普通の伊達巻が置いてなかったんですよね。
それまで栗入り伊達巻の存在は知らなかったんですが、
止む無く栗入りを買ってみたところ、見事に口に合いませんでした。
まあ、ぶっちゃけ自分、栗が苦手なだけなんですがw


・肉が一片も入ってない
序盤は簡単ですが、後半になると意外と難しいです。


・抱負を語る
アイマス2ネタを絡めようと思いつつ、なんか結局絡んでないような絡んでるような。
いや、絡んでないなこれは。
4人の個性を上手く出して、今後の動画に繋げたいなぁ、と思ったりしましたが、さて。


・彼らの今後の活躍
im@sFFでやれるネタは、基本的にim@sFFでやるので、
普通のノベはあんまり作る機会が無いかもしれません。
メインストリームはあくまでim@sFFですからね。

ただ、作中時間の関係で、im@sFFでは時事ネタができないので、
そういうネタがやりたい時は出るかもしれません。

なお、冬Pが登場する合作は、2月頃に公開できる予定です。


今回使用したBGM
・ソニックワールドアドベンチャーより、「Empire City - Day」
 …エンパイアシティ昼、ビレッジパートの曲です。
  こんなバカ動画に使うにはちょっとおしゃれすぎるかとも思いましたが、
  ぶっちゃけ他の曲を考えるのが面d(ry
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「例のあの人」にしか見えなかった俺は……

探してみると意外とあるものですがやはり極端に数が少ないですね>Pだけノベマス
基本的には需要があまりないのでしょうw

No title

コメントありがとうございます。

>例のあの人
なんというか、色んな人に「どう見てもあの人だろwww」とか言われてますし、
自分でもそう思うんで、そう思われるのは仕方ないというかむしろ当然かと思いますw

>Pだけノベマス
アイドル達とのキャッキャウフフなノベを求めている方が大半でしょうし、需要が無いのは当然なのでしょうね。
逆に、需要が無いとわかっていたのでここまで好き勝手に作れたというのもありますがw
プロフィール

石狩川P

Author:石狩川P

ニコニコ動画にてTHE iDOLM@STERと
ARMORED CORE FORMULA FRONTの
架空戦記「iDOLM@STER FORMULA FRONT」を進行中。
あと、Twitterもやってます : http://twitter.com/ishikari_P

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。