スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iDOLM@STER FORMULA FRONT 第20話

私は帰ってきたぁ!(意訳:お待たせしてすみません)。
20話です。



・小鳥さんの面接
言及されている通り、メンバー補充のための面接です。
が、実際のところ、他の事務組のメンバーは、モブ扱いですら登場したことが無いので、
その辺の描写が増えたりだとか、そんなことは無さそうですw

面接の結果などは、次回あたりにでも言及されるかと思います。


・サブオフィス
普段の事務所にいるメンバーは、アーキテクトの3人と事務の2人を除くと、
他には数名程度しかいなかったりします(女性率高め)。
もちろん、ボトムリーグとはいえ、これだけの数でチーム運営は不可能のため、
本社(芸能事務所)の事務の方が兼任という形で協力していた、というような設定があったりします。

昇格後は、本社からチームに正式に移籍したり、新規雇用をしたりしてメンバーも増えていますが、
事務所の人数は増えていません。
なので、すでに事務所よりも本社にいる事務員の方が多いという状態のようです。
さすがに本社側もキャパシティが限界なので、事務所と併合することも見越して、
サブオフィスの新設に至った、というような経緯があります。
……うん、これ書いててもうちょっとこの辺のことは描写するべきだと思ったw


・先週の結果
作中で言及された以外は、ほぼ予想通りというか順当な結果でしょうか。


・DSBM・サイバーボム
ゲームでは、弱体化したチームが通常状態に戻る22ndシーズン以降も、
唯一弱体化したままという不遇のチームですねw

会社についてはほぼ俺設定ですが、総合エレクトロニクス企業なので、
軍事分野にもある程度は関わっているだろう、というような妄想です。

戦績が偏っているのは、アドバイザーの言うとおり、ACの強さに偏りがありすぎるため。
シングルとチームは全くの別物だという好例と言えます。
VAST VIOLETだけは本当に強いです。


・アロスハイランド
新人戦の時も解説を入れられなかったので、ちょっとこちらで補足を。
NBが初出の雲海に囲まれた台地ステージで、起伏自体は激しくは無いものの、川で分断されていたり、
一部が高かったりと、広さの割に地形に引っかかりやすいステージです。
性質上、フロートがやや不利かと思われます。
タンクはまあ、どっちにしろ回避できないし、そうでもない気がw


・試合と解説が1話に
多分、im@s_FFではこのパターンは初だったと思います。
当初、いつも通り解説と試合は別の動画にしようと思っていたんですが、
どう考えても尺が足りないし、当初投稿を予定していた3月中に
間に合わないのが確定した時点で、もうどうにでもな~れ♪と一緒にしましたw
盛り込めなかった話は、次回以降に分散して入れようと思います。


・ロイズ・ポテトチップチョコレート
久々の名産品は、札幌が誇る優良チョコメイカー、ロイズのポテチチョコです。
最初見たときは何事かと思った組み合わせですw

一見するとありえない組み合わせですが、ポテチのしょっぱさにジャガイモの風味と、
チョコの組み合わせはなんというか、妙に癖になる味です。
中毒性のある独特の味、と言ったところでしょうか。
ホワイトチョコバージョンなどもあるので、これまたおすすめでございます。
まあ、別々でも良い気はやっぱりするんですがw


・アドバイザー・姉
以前からほのめかされていますが、アドバイザーには2人の姉と1人の兄がいます。
上の姉のことが話題に出たのは今回が初ですね。
かなり細かいところまで設定は決まってるんですが、下の姉と違って立ち絵もないし、
登場予定はありませんよ?w


・春香さん油断中
まあ、ここまで割と余裕で勝ってきましたし、仕方ない気はしないでもないですが。
アイマス本編の春香さんなら、こういう台詞はちょっと言わないかなとも思いましたが、
他に言う人もいないのでw


・試合総括
今回の試合は、2度撮り直しています。
いつも通りの1発撮りで行こうと思っており、実際とても良い画が撮れたんですが、
キャプチャソフトが落ちる → 保存されず → /(^o^)\
という顛末で、似たような展開になるまで撮り直すハメに。

ちなみに、最初の画では、フローリアが4体抜きしたり、ラストで大型ミサイルを2度喰らったり、
なかなかバラエティ豊かでした。
キャプチャソフトェ……。

ちなみに、キャプチャソフトを立ち上げてない、いわゆるロケハンは2度行いました。

さておき、今回の試合です。

今回はやはり、相手の一番手であるVAST VIOLETの強さが目立ちました。
主砲などをメインに据えたタイプとは異なり、やや離れた位置からの迎撃が得意なタイプなので、
接近するまでが鬼門と言えます。
バイオレットフレアはロケハン含めて勝利無し、
カプセラは1度だけ勝てまして、その場合、前回同様のバイオレットフレア無双です。
今回は出来るだけ苦戦してもらいたかったので、負けてくれて良かったんですがw

システィーナは、チップでの制御による弱点が露呈した形ですね。
命中率自体は高いんですが、タンク相手にはやはり弱いです。

アーノルディアは、もうホントプロレス的なガチ殴りを演出してくれますねw
個人的に、タンクはあまり好きでは無いんですが、こういった展開自体は結構好きです。

ラストのフローリアは、珍しくドラマチックに勝ってくれました。
……いや、相手のラスト2機が弱すぎるだけってのもありますがw
なんというか、春香さんの愛機としての貫禄が出てきたような気がします。


・師弟の語らい
アドバイザー的には、勝ち負けより、春香さんの成長が優先度が高いようです。
チームのアドバイザーとしてはちょっとした問題発言ですが、
指南役としてはある意味正しい考え方かもしれません。

今回である程度は緩んだ気も引き締まったでしょうが、次回の相手は……。


・試合結果
えーと、白状します。
間違って第3週の結果が一部入ってしまいましたw
修正が面倒だったのでそのままです、ごめんなさい……。

こちらも大体順当な結果だと思います。

あとソニックブラスト、撃破差-11とかなめてんのかw


・オーガからのメール
PS2版最序盤を代表するイベントですが、オーガが同じブロックにならない時もたまにあるため、
そういったときはヒルサイドでは発生しなかったりしますw
その場合はスチールバレーで発生するのかなぁw

PSP版でもオーガのイベントは存在しまして、こちらではより直接的に悪いことをしていますw


第20話で使用したBGM(本編での使用順)
・THE IDOLM@STERより、「Energy」
・リトルバスターズ!より、「Mission possible ~but difficult」
・THE IDOLM@STERより、「Tender」
・THE IDOLM@STERより、「ED Seikou」
・リトルバスターズ!より、「スローカーブ」
・ソニックワールドアドベンチャーより、「Cutscene - Eggman Again」
 …Drエッグマンのテーマのバリエーションの一つです。
  確かこれは、マズーリでのイベントで使われたやつだったかな?
  敵襲っぽい曲で結構好きですw


第20話で使用した戦闘BGM
・ソニックと秘密のリングより、「High And Broken」
 …レビテイテッドルーインのステージ曲です。
  中盤ステージの癖にギミックがやたら多く、未だにゴールド評価を取れませんw俺ヘタスwwwww
  スローテンポな割にハードという、ソニックシリーズでは割と貴重な曲な気が。
・スカイガンナーより、「Counter Attack」
 …その名のとおり、反撃の曲です。
  エンディングなどにもフレーズが引用されており、同作でもかなり耳に残る曲ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石狩川P

Author:石狩川P

ニコニコ動画にてTHE iDOLM@STERと
ARMORED CORE FORMULA FRONTの
架空戦記「iDOLM@STER FORMULA FRONT」を進行中。
あと、Twitterもやってます : http://twitter.com/ishikari_P

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。